大学入試センター 平成27年度からの問題例(試作問題)を公表

【大学入試センター 平成27年度からの大学入試センター試験における数学、理科の問題例(試作問題)を公表】

大学入試センターは平成21年3月の「新しい高等学校学習指導要領の告示」に伴う「平成27年度大学入試センター試験」における数学、理科の新たな内容・範囲からの問題例を公表した。

「平成27年度大学入試センター試験」を受験する現高2生だけでなく、現高1生も問題の出題イメージをつかみ、受験に備えよう。

掲載教科・科目

数学
•数学I・数学A
•数学II・数学B

理科
•物理
•化学
•生物
•地学

詳細は、大学入試センターのウェブページから。

【高2生必見!!】高2の今スタートで、これだけの差が!

編集部が今春に行った「合格発表会場アンケート」では、受験勉強開始時期が合否に大きく関係しているということがわかったが、実際の得点にどのくらい差がつくのかは判明していなかった。
そこで今回、2013年のセンター試験を受験した東進生の成績データを分析。受験勉強開始時期が、どの程度得点に影響を及ぼしているのかを調べたところ、驚きの結果が明らかになった。

→続きは、東進タイムズ 2013年11月1日号 16面へ

【受験生の君へ】センター得点率 難関大なら8割必達!!

センター試験まであと2カ月あまり。今号では、昨年度の東進生の受験結果を分析した。すると、センター試験の得点率と合否の明確な相関関係が浮き彫りとなった。さらに、最後は志望校対策が合否を分けるという事実も判明した。受験生はぜひ気持ちを新たにセンター試験対策・志望校対策に取り組んでほしい。

→続きは、東進タイムズ 2013年11月1日号 1面へ。

11月の学習アドバイス「過去問を解いた後にするべきこととは?」

過去問をただ解いただけでは、力はつきません。できなかった問題があれば、今まで解いた問題の中から類題を探して解き直しておくと良いでしょう。
また、どの分野が頻出であるかに注意し、問題を解く際に用いた「定理・公式」「問題処理の手法」も自分なりに整理しておくと効果的です。

→続きは、東進タイムズ 11月の学習アドバイスへ。

「全国統一高校生テスト」ガイダンス開催

guidance

10月27日(日)に行われる「全国統一高校生テスト」参加者向けの事前ガイダンスを行いました。
当日の流れや受験の心構えなど、みなさん熱心に聞いてくれました。
このテストを受ける意義が参加してくれたみんなに伝わったでしょうか?

当日は力一杯頑張りましょう!

10月の学習アドバイス「センター過去問有効活用法など… 」

センター試験の過去問は、現行課程(2006年以降)と旧課程、追試の問題で活用の仕方を分けましょう。   現行課程のものについては時間を計って、60分の制限時間内に解ききる練習をしてください。

→続きは、東進タイムズ 10月の学習アドバイスへ。

【全国統一高校生テスト】

20131005-155239.jpg

10月27日(日)は全国の高校生が“同じ日”に“同じ問題”で挑戦する
「全国統一高校生テスト」の日。
このテストはセンター試験の「本番レベル」で作られた「絶対評価」のテストです。
合格までにあと何点必要なのか、どの分野をどのくらい勉強すれば良いのかを把握することで、 目標が明確になり飛躍的な学力向上につながります。

そして、このテストは無料で受験できますから、
東進に通っていない方もどんどん申し込んでください。
全国での自分の立ち位置を把握するチャンスですよ。

【難関大志望の君へ】高3春には44.9点差!

高2の10月、高校生活も半分が終わり、折り返し地点を迎えた。高3になるまで残り6カ月、入試本番までは残り16カ月だ。残りの期間をどのように過ごすかは、志望校の合否にももちろん大きく関わってくる。 今回は、高3になるまでの半年で”どれだけ学力が伸びるか”に注目し「センター試験本番レベル模試」の得点推移を分析した。

→続きは、東進タイムズ 2013年10月1日号 16面へ。