2017合格体験記 上智大学

八木沢くん(上智)
上智大学
現役合格
総合グルーバル学部

八木沢 利宣 くん
東進衛星予備校西那須野校
出身校:大田原高校
東進入学時期: 高2・4月
部活と引退時期: 野球部、高3・8月

成功のカギは良き先生と勉強環境!

僕が入塾したのは成績が低迷していた2年の4月。このままではまずいと思い焦りと不安でいっぱいでした。
東進の先生方は僕の現状を客観的に的確に見抜き、今何をすべきかを助言してくれました。そのおかげもあり野球をやりながらもペースを乱さずに受講を進めることができました。
また、東進の学習機能を存分に使いどんどん成績は上がっていきました。模試の返却時に成績が悪いからと言って決してマイナスな言葉をかけずに常に励まして寄り添ってくれた東進の先生方なしでは今の自分はないと思っています。
このような最高の環境に置かれた皆さんはそれらを最大限に活用すべきです!また、お金を出して塾に通わせてくれる親にも感謝の気持ちを忘れては成績アップなど望めないでしょう。
ですから、日々感謝して勉強に励むことが自分のためになりまた、それを支えて応援してくれる人の喜びにもなることを理解することが大切だと思います。

合格データ
東進のおすすめ
  • 受験勉強はもちろんのこと、その先の将来を見据えた 世界でも通用する人間の育成を目指していることが、他の予備校にはない東進の特徴なのではないでしょうか。
    グループ面談などでは、将来の職業やどういった人間になりたいのかを話し合う機会が設けられています。そうした中で自分の本当の夢を再確認し、第一志望合格ではとどまらないその先の目標という広い視野が得られるということは言うまでもありません。
担任・担任助手の先生との印象的なエピソード
  • 「これはどう見ても褒められる点数じゃないだろ・・・やっぱり、だめなのかなぁ・・・。」なんて思ったときに東進の担任の先生は「大丈夫。まだいけるよ!」僕はびっくりしました。これを最後の最後まで言ってくれたこと、それが入試の直前までくじけなかったわけです。
東進模試はどのように役立ちましたか
  • 自分の現在地を例年のデータから明確に出してくれるところ。自分のつまずきやすい分野が出てくるため復習しやすい。
将来の夢
  • 国際公務員 発展途上国の生活に苦しむ人々や教育を受けられない子どもたち、紛争に苦しむ難民たちの役に立ちより平和な世界を目指したい。
東進へのメッセージをお願いします

本当にありがとうございました!この一言に尽きます。
第一志望校の合格、受験を通して学んだことなど東進で得られたものは計り知れません。
これからも僕は夢に向かって努力しようと思います。また、東進出身であることを誇りに東進にとっても立派な卒業生であったと思ってもらえるよう、それに見合う人物になりたいと思います。
2年間ありがとうございました。

八木沢 利宣 くんにつづけ!
上智大学現役合格を目指す君へ!

今年も多くの生徒を現役合格に導いた
本当に学力を伸ばす東進の学習システム、その秘密は資料請求で!

shiryouseikyu

 

◆◆東進西那須野校の2016合格体験記一覧はこちら◆◆
20160218_taikenki_250_100